2014年04月22日

公立昭和病院視察

DSC_0196.jpg
公立昭和病院を組織している8市の市議会議員(任意参加)を2日に分けて4市づつ視察が行われました。多摩北部地区には、重症緊急患者を受け入れられる総合病院が数少ないことや設備が充足していないことなど地域の実態を学びました。その中で、公立昭和病院が最新機器を取りそろえて地域の安心を担う重要拠点であることも改めて理解しました。今後もハード、ソフト面で更なるレベルアップしていくこと、そして何よりも優秀な人材確保に期待いたします。
posted by もりしん at 06:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。